プロポリスで美容と健康を保ちましょう

2009年07月07日

プロポリスの副作用

プロポリスは、
原産地の樹木やミツバチの種類によって含まれる成分に違いがあるようです。


プロポリス副作用のほとんど*(1)接触性皮膚炎ですが、
中には肝機能障害を起こし汎発性血管内凝固症候群になった例も
報告されてるようです。


さらにプロポリス副作用
その人が持つ体質により、発疹や胃腸障害などとなって出る場合もあるようです。


もし、プロポリスを摂取したのち、
不快な症状を感じた場合はプロポリスの副作用かもしれません。
すぐに使用を中止したほうがよいでしょう。


プロポリスには成分の違いがあるのですが、
たとえば、、ユーカリがプロポリスの成分の場合、
抗炎症効果や抗菌効果の成分を多く含んでいるので
これらの症状改善に効果があリます。


プロポリスは自分に合ったものを選ぶことが大切です。


プロポリスを摂る前に、
プロポリスの専門家のアドバイスを求めたり、
製品の表示をしっかり確かめることも忘れないようにしましょう。



*(1)プロポリス副作用:接触性皮膚炎
接触性皮膚炎(かぶれ)とはさわったものが
原因で皮膚に炎症を起こす病気です。
よく「かぶれ」という表現されます。
原因物質のふれた場所に、かゆみを伴った赤みやブツブツができます。


【関連する記事】
posted by プロポリスで元気パワー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プロポリス 副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122661468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。